新鬼武者 基本的なゲーム性


5号機 中段1ライン 3枚掛け専用


本機はゲーム(発売は2006年1月26日・PS2)独特の世界観を忠実に再現しているのは勿論のこと
2005年に登場したパチスロ「鬼武者3」を踏襲した演出が多彩に展開される

現時点(2010年7月)でのシリーズ最終作品
豊臣秀吉が天下を統一した後の慶長3年(1598年)が舞台で主人公は結城秀康
さらに『2』の主人公である柳生十兵衛の孫の柳生十兵衛 茜が登場するなど
シリーズ全体の繋がりをより意識したものになっている
オープニングテーマは「Startin'」、エンディングテーマは「rainy day」で
いずれも浜崎あゆみが担当。キャッチコピーは「ズババババッサリ感」
鬼武者wiki内  新 鬼武者 DAWN OF DREAMS より抜粋

ゲーム性に関しては、1セット約50G+α
1Gあたりの純増約1.4枚のART「蒼剣RUSH」を搭載
ARTは、通常ステージからの突入
ART突入期待が高まる前兆モード
鬼モード(3種類のモードで展開=ART突入期待度:百鬼モード<千鬼モード<覚醒モード)」からの突入

ART中の【全ての小役で上乗せ+ストックのチャンス】
1回あたり最大で300GのARTゲーム数上乗せ
【鬼武侠】としたPUSHボタン使用演出では“ART中の上乗せ”の期待が大いにある
さらに、ARTゲーム数が0になると突入する【幻魔京バトル】では
バトル勝利でART継続(orボーナス)…が最大で89%ループという高ループ率を誇っている
これら3点が融合して展開していくARTは、無限に継続する可能性を秘めているといっても過言ではない
また、ART中は、押し順に従って消化するだけの消化となっている為
目押しを不得意とするユーザーでも簡単にプレイできるほか
ARTは継続すれば物語が進行していくといった、現行ART機にありがちな飽きっぽさを撤廃しているのも特徴となっている


ボーナス確率
【ボーナス合算】           【ART確率】
設定1  1/263.19          1/509.95
設定2  1/245.45          1/408.80
設定3  1/245.01          1/451.09
設定4  1/245.45          1/327.96
設定5  1/245.01          1/317.44
設定6  1/229.95          1/241.90

機械割
設定1  96.00%
設定2  98.50%
設定3 100.10%
設定4 104.20%
設定5 109.20%
設定6 114.10%